カードローンの金利はどのように決まる?利息の計算について

カードローンの金利はどのように決まる?

 

カードローンの金利、各社のホームページを見てもよくわからなくなる事も多いかもしれません。

 

しかし、利息を把握することは計画的な返済を行うためには重要なことです。急いでお金を借りる方は、返済方法や計画まで気が回らないことが多く、後で苦労する場面が多いようです。

 

是非把握しておいて欲しい、金利の決まり方と利息計算の仕組みをお教えします。

 

・金利の決まり方@ 金利は限度額で決定

アコムの金利を例に出すと、
◆1万円〜99万円 7.7%〜18.0%

 

◆100万円〜300万円 7.7%〜15.0%

 

◆301万円〜500万円 4.7%〜7.7%

 

◆501万円〜800万円 3.0%〜4.7%
となっています。

 

上限金利を見ていくと、18.0%→15.0%→7.7%→4.7%と下がっていく事がわかるでしょう。

 

金利は大きな限度額を設定することにより必然的に下がっていきます。

 

希望金額を大きくしておけば、設定される金利も下がりそうですね。

 

・金利の決まり方A 利用期間が長くなると下がる

金利の設定には7.7%〜18.0%のように、ある程度幅を持たせた書き方をしている金融機関が多くなっています。
これは、『ずっと利用していると金利がリーズナブルになっていく』という意味合いです。

 

金利の決まり方のメカニズムには利用期間の長さも関係してきます。

 

・利息計算の仕方

多くの人が悩むのが、カードローンの利息計算です。

 

貸したり返したりが自由なカードローン、利息計算は日割りして計算されます。

 

借入残高×借入利率÷365×利用日数が利息の計算式です。

 

なるべく早く返せば、その分だけ支払う利息は少なくなっていきます。

 

金利の決まり方、利息の計算方法はカードローンを借りる前に理解していきましょう。

 

金利はキチンとした返済をする為に重要です。

 

リーズナブルな金利の業者をよく吟味して申し込んでください。