フリーランス向け事業資金カードローンは良い?そのメリット・デメリットは?

フリーランス向け事業資金カードローンは良いのでしょうか。そのメリット・デメリットを紹介

 

フリーランスの方が頭を悩ませるのがお金を借りる場合です。

 

そんな時に利用したいのはフリーランス向けのカードローンですが、実はメリットの他にもデメリットが沢山あると言われています。

 

フリーランス向けのカードローンのメリット、デメリットについて解説します。

 

・フリーランス向けのカードローンのメリット

フリーランス向けのカードローンを利用するメリットは、フリーランス=事業者とみなされるため、総量規制の縛りを受けないところです。

 

フリーランス向けサービスを提供している金融機関は、審査もそれ専用に洗練されていますので、書類の提出や収入証明などスムーズに行う事ができます。

 

・フリーランス向けカードローンのデメリット

フリーランスで向けカードローンのデメリットは金利が高く審査に通りにくい点になります。

 

収入証明は源泉徴収票や納税証明書などちょっと特殊なものが求められ、かつ収入が多くないと審査に通りにくいです。

 

・中小消費者金融のビジネスローンもおすすめ

フリーランス向けのカードローンは審査に通りにくいですが、この事象は金融機関によります。

 

中小消費者金融の中にもビジネスローンとして取り扱っている業者が多数存在し、審査難易度、審査スピードも満足がいくようになっています。

 

フリーランスの人は大手に落ちたら、中小消費者金融を頼ってみるといいでしょう。

 

フリーランス向けのカードローン、選択を上手にするのが審査に通るコツのようです。

 

審査に通らないときは、金融機関のランクを下げてみるといいでしょう。