ブラックリストとは違う、何故か審査落ちするスーパーホワイトとは?

ブラックリストとは違う、何故か審査落ちするスーパーホワイトとは?

 

カードローンの審査などで言われるブラックリスト、ブラックとは信用情報に問題視されやすいとされる滞納や未納、自己破産などの情報が書かれている人のことを言います。

 

しかしこのブラックリストはあくまでも俗称であり、実際こういった情報があると必ず落ちるというわけではありません。

 

審査内容については原則的に未公開なのでそういった理由を判断する方法はないためです。

 

ですから落ちる理由はあくまでも予想でしかないのですが、そういった予想のひとつに信用情報に何も書かれていないスーパーホワイトも落ちるという説があります。

 

信用情報に何も書かれていないとなぜ落ちてしまうのか、と言うと信用情報に全く何も書かれていないというのは何らかの事情でお金を借りることができない、もしくは金融関係の情報に問題があり貸し借りを行うことができない人物だからであると考えられるためです。

 

実際、信用情報にはカードローン以外にも、様々なローンやクレジットカードの支払い履歴なども載っているのでこれが全く情報が開かれていないということはむしろ珍しいのが実情です。

 

ただしこのスーパーホワイトも、あくまでも予想でしかなく実際にそう言った方が落ちてしまうのかまでは分からないというのが正直なところです。

 

繰り返しになりますが審査の基準や目安などは公開されないので、こういった情報がどこまで真実かと言うのは予想でしか無いのです。