総量規制が除外、例外になるケースはどんな時?

総量規制が除外、例外になるケースはどんな時?

 

お金に困っているので総量規制が除外、例外になればいいと思う人は沢山います。

 

総量規制は除外、例外があって、そのケースにあてはまる時は貸金業者も総量規制以上に貸し出しが可能です。

 

総量規制が除外、例外になるケースについて解説します。

 

総量規制の除外、担保があるケース

不動産担保や自動車ローン、有価証券担保ローンなど、担保があるローンは総量規制から除外されています。

 

担保を持っている人は、消費者金融でそのまま借りるのではなく、総量規制の除外となるローンに行きましょう。

 

総量規制の例外、医療費が緊急で必要

手術をするので医療費が緊急で必要な場合、総量規制の例外として年収の縛りを受けません。

 

医療費で困った人は、総量規制の例外を利用できないか業者に確認してみましょう。

 

総量規制の例外、顧客に有利になる借り換え

総量規制の例外として、顧客に有利になる借り換えによる貸付が認められています。

 

大手消費者金融が積極的に行なっていますので、利用しない手はありません。

 

総量規制の例外、個人事業主への貸付

意外に知られていないのが個人事業主への貸付は総量規制の例外になる点です。

 

これは個人事業主の貸付が停止され、廃業する個人事業主が増えないように配慮したルールになっています。

 

サラリーマンで副業もしている人は、個人事業主として借りることが出来ないか確認してみましょう。

 

総量規制の除外、例外項目は他にも沢山あります。

 

抜け道になるかもしれませんので、上手に利用してみてください。