実は単純だった?!カードローンの審査基準について分かりやすい説明

実は単純だった?!カードローンの審査基準について分かりやすい説明

 

カードローンの審査基準どうなっているのかわからないものですよね、

 

カードローンの審査基準は実は単純です。

 

カードローンの審査基準についてわかりやすく説明しましょう。

 

・カードローンの審査基準

カードローンの審査基準は申し込みの際の情報で決まります。

 

例えばあるカードローンでは年収の場合、以下の様に点数化されていきます。

 

年収 点数
120万円 0点
200万円 20点
300万円 30点
400万円 35点
500万円 45点
600万円 50点
700万円 55点
800万円 65点
1000万円 75点


このほかに、勤務会社の資本金や従業員の規模、勤続年数、借入状況、居住状況、延滞履歴等で更に点数付され、一定数値以下の場合は審査落ちになります。

 

・審査通過するためには借入状況

審査通過を行いたいのであれば、単純に年収をあげれば点数を上げる事が可能です。

 

しかしながら、年収を100万円、200万円上げるとなると大変ですし、嘘をつこうにも収入証明書を提出するのでばれてしまいます。

 

そこで、カードローン審査基準の中でウェイトが高く、直すことが可能そうな項目についてお教えしましょう。

 

それは「借入状況」の項目です。

 

例えば大手消費者金融に加えて、中小の消費者金融からも借りている人は、中小の消費者金融からの借入を集中的に返済する事により完済し解約しましょう。

 

大手消費者金融に余っている枠があるのであれば使ってまとめてもOKです。

 

消費者金融複数社から借りている人も、なるべく借入社数を少なくするように努力してください。

 

単純な方法ですが、借入社数が1社減るだけでカードローンの審査基準はグッとポイントが高くなります。

 

カードローンの審査基準は単純です。

 

延滞をしない事も審査基準でプラスに作用します。

 

審査基準を理解して、上手にカードローンを利用してください。