消費者金融から借りていると住宅ローン審査はほぼ否決になるって本当?

消費者金融から借りていると住宅ローン審査はほぼ否決になるって本当?

 

消費者金融からの借入は住宅ローン審査に悪影響を与えると言われています。

 

銀行の審査は厳しいと言われています。特に高額である住宅ローンは特に厳しい審査基準であるとされます。

 

ですので、消費者金融等の金融業者からのカードローンやクレジットカードのキャッシング枠の利用によって、住宅ローン審査がほぼ否決されるといった情報もあるようです。

 

住宅ローン審査において、消費者金融からの借入が与える影響について解説します。

 

住宅ローン審査が否決されるかは銀行次第

 

消費者金融からの借入が住宅ローン審査に影響を与えるか否かは、住宅ローン審査を行なっている銀行と保証会社次第になります。

 

この辺りは銀行、信用金庫、規模によって住宅ローン審査の考え方が違いますのでなんとも言えません。

 

住宅ローン審査に影響を与えない情報は間違い

 

稀に消費者金融の借入は、『誰でも行うので影響を与えない』という頓珍漢な事を言う人がいますがこれは間違いです。

 

住宅ローン審査の考え方は金融機関にもよりますが、その時その時の責任者の考え方が入り決まっているものではありません。

 

5,000万円の住宅ローン審査を申請していたのに、消費者金融からの借入があるので3000万円までしか与信が取れなかったケースは頻繁に起こります。

 

審査に通るのと、希望の金融機関と金利で住宅ローンを組めるの話しが別ですから、消費者金融からの借入は100%審査に影響します。

 

消費者金融からの借入を完済して住宅ローン審査に臨もう

 

消費者金融からの借入は住宅ローン審査でマイナスですから、完済してカードを解約してから審査に臨みましょう。

 

消費者金融での借り入れはもちろん、クレジットカードのキャッシング枠も使っていなくても枠を外しておく必要があります。

 

クレジットカードの通常のショッピングの枠は問題ないので、クレジットカードも整理して、キャッシングの限度額をゼロにした方がいいです。

 

住宅ローン審査で消費者金融からの借入は少なからず影響を与えそうです。

 

万全な体制で住宅ローン審査に臨んでください。