カードローンの最低返済額とは?2000円からでも良い場合は?

カードローンの最低返済額とは?2000円からでも良い場合とは?

 

カードローンの最低返済額、2000円からでもいいって話がありますがほうとうでしょうか。

 

計算してみると、確かに2000円からでもいいケースはありそうです。

 

イレギュラーな出費が重なると月々の返済に負担がかかる事になったりします。だからといって返済しないわけには行きません。返済はするけれども今月は少なめでお願いしたい時などとても便利な方法です。

 

カードローンの最低返済額決定方法と、2000円からでもいい場合について解説します。

 

・大手各社の最低返済額の決まり方

消費者金融大手3社の最低返済額の決まり方は、以下の様になります。

 

◆アコム
アコムの最低返済額は30万円以下の借入の場合、借入金額の4.2%(千円未満切り上げ)

 

2000円÷4.2%=47,619円

 

つまり47,000円までの借入に抑えておけば、最低返済額は2000円。

 

◆プロミス
プロミスの最低返済額は30万円以下の借入の場合、3.61%(1000円未満切り上げ)

 

2000円÷3.61%=55,401円

 

つまり55,000円までの借入に抑えておけば最低返済額は2000円。

 

◆アイフル
アイフルは10万円以下の借入は最低返済額が4千円に固定される。

 

そのためアイフルでは2000円にする事は出来ない。

 

以上の結果を見ると、最低返済額を2000円にするには、借入額を小さくする必要があるとわかります。

 

・金利分だけ2000円払うと逆算すると?

カードローン業者の中には返済が厳しい場合、『余裕が出来るまで金利だけ払う』といった対応で許してくれる事があります。

 

最低返済額2000円しか払えないとして、金利18%で借りている場合、

 

2000円×12ヶ月=24,000円

 

24000円÷18%=133,333円

 

つまり13万円までの借入なら最低返済額2000円を適用してくれる可能性があります。

 

切羽詰まっている人は金融機関に返済額軽減をお願いするといいでしょう。

 

返済額を2000円にする事は可能そうです。

 

ただし返済額を減らすと、返済期間が長引きますので注意しなければいけません。

 

利息支払いを節約したいのであれば、多い金額を返済してください。