債務整理をするとカードローンの審査には通らない?

債務整理をするとカードローンの審査には通らない?

 

債務整理をするとカードローン審査に通らないといったうわさを聞きます。

 

金融機関を利用された方はご存知だと思いますが、債務整理というのは金融事故とも呼ばれています。正常に利用できなかった方が陥る事故です。

 

そうなると別の金融機関に新規での申込みというのはなかなか厳しくなるというのは容易に考えられます。

 

債務整理後のカードローン審査について解説します。

債務整理が過払い金請求の場合

 

債務整理で過払い金請求をした場合、完済後の過払い金請求か返済中の過払い金請求かで対応がわかれます。

 

完済後の過払い金請求の場合は信用情報機関に登録されませんから影響しません。

 

返済中の過払い金請求で、過払い金で完済扱いになった場合は手続き中、信用情報機関に書き込まれるためカードローン審査に通らなくなりますが、手続き終了後は審査に通るようになります。

 

完済扱いにならない場合は、過払い金請求ではなく任意整理になる為審査に通らなくなります。

債務整理の中で任意整理、自己破産は5年~10年審査に通らない

 

任意整理、自己破産は信用情報機関に登録されます。

 

この情報はCIC、JICCに5年、KSCに10年登録されます。

 

クレジットカード、消費者金融からのキャッシングは5年間これによって通らなくなります。

 

KSCに加入している銀行カードローンや住宅ローンは10年間影響を受けるでしょう。

 

安易に任意整理をせず、自力で返せるようでしたら自己破産に頼らず、返した方がいいかもしれません。

 

債務整理をした後は、カードローン審査に通らず色々と不便になります。

 

不便さも認識しつつ、債務整理を行うメリットについて考えて行うようにして下さい。