カードローンの利用中にリストラ・定年退職したらどうなる?

カードローンの利用中にリストラ・定年退職したらどうなる?

 

カードローンの利用中に運悪くリストラや早期定年退職に巻き込まれる事もあるかと思います。

 

利用中のリストラや早期定年退職について解説します。

カードローン中のリストラ・定年退職をしても一括返済を求められることは無い

 

リストラや定年退職をしたからといって、今借りている分の一括返済を求められることはありません。

 

カードローンには規約があり、規約に抵触しない限りは契約の無効を訴える事による一括返済を業者側も求める事は出来ないのです。

 

規約に違反するとは、ズバリ延滞を行う事です。

 

毎月の返済をキチンとしているのであれば、リストラや定年退職にあったとしても一括返済は求められないでしょう。

リストラ・定年退職で新規貸し出しはストップする可能性

 

リストラ・定年退職で影響が全くないかと言うとそうではありません。

 

消費者金融や銀行は途上与信と言って定期的に審査の見直しを行っています。

 

審査の見直しの際にリストラ・定年退職をしている場合、審査結果が与信縮小とされる可能性もあります。

 

その場合、キャッシングカードから新たな借り入れは出来なくなるでしょう。

リストラ・定年退職になったことはキチンと金融機関に通知する

 

金融機関は定期的に在籍確認を行っている所もありますので、リストラ・定年退職で離職していることが判明してしまう事があります。

 

その場合、重大な変化を伝えなかったとして規約に違反したことになり、一括返済を求められる口実になる場合も考えられます。

 

リスクを考えたら正直に通知するといいでしょう。

 

リストラ・定年退職に合ったら気が動転して、自暴自棄になりがちです。

 

落ち着いて返済計画を見直したり、金融機関と相談したりするようにして下さい。