ノンバンク系と銀行系のカードローンはどう違うのか?

ノンバンク系と銀行系のカードローンはどう違うのか?

 

ノンバンクの意味について、正確に答えることができますか?

 

最近はノンバンク系カードローンというワードもあって、何がなんだかわからない人も多くいます。

 

ノンバンク系カードローンと銀行カードローンの違いについて解説します。

 

・ノンバンクとは銀行でない業態

ノンバンクとは、『銀行ではない業態でお金を貸してくれる会社』の事を指します。

 

昔はお金を貸す事業は銀行が独占していましたが、現在では自由化され認可がおりれば銀行以外も貸金業を営むことができるようになりました。

 

このような歴史から、銀行とそれ以外の業態を銀行、ノンバンクとわけるようになったのです。

 

・ノンバンク系カードローンとは?

銀行カードローンとノンバンク系カードローンの違いは、銀行が直接融資するカードローンか否かです。

 

銀行が直接運営すると銀行法が適用され、それ以外の業態が融資すると貸金業法になります。

 

銀行法は、『総量規制がない』『利息制限法の金利上限もない』と言った法律なので比較的自由に営業できます。

 

・銀行カードローンの方が規制は厳しい

銀行カードローンとノンバンク系カードローンでは、法律は銀行の方が緩いのですが、銀行は公共のものといった考え方があるため、その他の規制は厳しくなっています。

 

例えば本人確認についても銀行は厳しく、最近では『警察データベースへの照会義務』が発生したため、即日融資ができなくなっています。

 

直ぐにお金を借りたいのであれば、ノンバンク系カードローンを選択する方が簡単です。

 

銀行とノンバンクの違いは業態です。

 

ノンバンクには消費者金融だけでなく、クレジットカード会社、リース会社等も含まれます。

 

違いを理解して申し込みましょう。