日本の借金は世界最多ってホント?なぜ財政破綻しない?借金の歴史を紹介!

日本の借金は世界最多ってホント?なぜ財政破綻しないの?

 

日本の借金は世界最多と言う言葉を新聞やニュースなどでよく言葉にされていますが、気になりませんか?

 

その借金の総額は刻一刻と増え続けていますが、もし借金を我々国民がすべてを負担するとなると国民一人当たりの借金は852万円にもなるのです。

 

この金額は世界最多と言われていますが何故財政破綻しないのでしょうか。

 

借金の歴史からなぜ財政破綻しないのかの理由を紹介します。

・借金は何故できたのか

日本の借金、何故できたのか不思議に思いませんか?

 

ほとんどは年金と社会保障の為です。

 

年金は選挙に勝ち票を取るためこの制度が開始されました。

 

制度が始まるといきなり年金を配り始めるわけです。

 

当時もらっていた人が年金を毎月納めていたわけでは無いので、開始当初の年金は全部税金から投入される形になります。

 

その後も年金は負担額が少なく、貰える金額は払った金額の3倍以上で運営されてきたので、借金は膨らむばかりになります。

・もう1つの借金がある理由

日本の借金が多いのは、社会保障の他にもう1つ理由があります。

 

それは為替操作のためです。

 

円安ドル高に相場をコントロールしたい時、政府は借金をしてドルを買います。

 

買ったとドルはアメリカ国債などで運用されているのですが、ドルを円に戻すと急速に円高になるので戻せません。

 

そのためドルは日本に大量に積まれています。

・資産があるので財政破綻はしない

日本の借金量は多いですが、心配する必要はありません。

 

例えば米国の資産を1.5億円持っている人が、日本で1億円借金しているから『破綻する!』とは誰も言わないでしょう。

 

日本の借金は資産があるのでら別にどれだけ多かろうが問題ないのです。

 

国家が破たんするなら円が信用力を無くし円安が進み、円安を食い止める為に米国の資産を売って円に戻せますので、理屈上破綻する事はあり得ません。

 

借金の歴史は以外に単純なことで作られています。

 

問題はありませんが、国の借金で社会保障の大盤振る舞いは続ける事は望ましくないので、政府は増税に動いているのです。

 

『国家が破綻する』は盛り過ぎなので、冷静にニュースを聞き流しましょう。