年金受給者では消費者金融のカードローンで借り入れは厳しい?

年金受給者では消費者金融のカードローンで借り入れは厳しい?

 

歳をとった後の唯一の収入となる年金受給、収入が年金だけの場合消費者金融でお金を借りることは可能なのでしょうか。

 

年齢の関係なくお金に困ってしまう事は起こり得ます。収入の状況が変化しても、カードローンが利用できる可能性があるか気になるところです。

 

年金受給者がお金を借りることができるか、否かについて解説します。

 

・消費者金融の申し込み可能年齢は69歳以下

消費者金融の申し込み可能年齢は概ね69歳以下と設定されているところが多くなっています。

 

この年齢を越している場合、年金以外に収入があっても借入をする事は難しくなるでしょう。

 

これは年齢が上がることによる、判断力の低下 などから、高齢者への借金を抑制する動きがある為です。

 

・年齢はクリアしても年金受給者だと厳しい

大手消費者金融の場合、年齢はクリア出来ても収入が年金だけだと審査に通らなくなります。

 

これは年金の収入を年収としてカウントしないためです。

 

収入が年金だけの人は、若くても審査ではかなり苦戦を強いられると考えておいたほうがいいでしょう。

 

・銀行カードローンか年金担保融資WAMを頼る

銀行カードローンは総量規制の法律が適用されず、そのため収入が年金しかなくても融資をしてくれる可能性があります。

 

また年金を担保に融資してくれるWAMという公的な機関も注目です。

 

年金しか収入がない人は、基本的には銀行カードローンかWAMに頼るといいでしょう。

 

年金以外の収入を持っていないと、カードローン審査の通過は厳しくなるようです。

 

収入が少ないのですから我慢したり諦めたりするなどして、計画的な利用を行いましょう。