未使用カードローンは早めの解約?信用情報のタイムラグとは?

未使用カードローンは早めの解約?信用情報のタイムラグとは?

 

使わない、使う予定がないカードローンを解約するか、判断に迷う事はありませんか。

 

もし銀行などで大きなローンを組む予定があるとしたら、消費者金融などのカードローンは影響する可能性があるかもしれません。

 

『信用情報にはタイムラグがあるので早めの解約がいい』とも聞きます。

 

未使用カードローンを解約すべきかの判断と、信用情報のタイムラグについて解説します。

 

・未使用カードローンの扱い

住宅ローン等の様々な金融機関の審査で、使わないカードローンは審査において満額使っているものとしてみなされます。

 

限度額が設定されているだけでいつでも使える状態にあるとみなされ、信用情報ではマイナス評価です。

 

金融機関によっては未使用カードローンのために審査落ちする場合もあるでしょう。

 

・信用情報のタイムラグについて

カードローンを解約にすると、信用情報機関の情報は解約済みのステータスになります。

 

ただし、この解約済みのデータが完全に消えるのは5年の年月が必要です。

 

このように解約してから情報が残り続ける期間を、『信用情報のタイムラグ』と言います。

 

今すぐにローン審査を受ける予定はなくても、将来のために早めに解約をしておいた方が得です。

 

・大きなローン審査を受ける前に解約しよう

信用情報にタイムラグがあるとしても、住宅ローン等の大きなローン審査を受ける前には全ての使わないカードローンを解約してからのぞみましょう。

 

クレジットカードにはキャッシング枠がつけられていますので、これらの枠も解約しておいた方が良さそうです。

 

審査においてプラスの効果をもたらします。

 

使わないカードローンは解約するのがいいでしょう。

 

信用情報のタイムラグについても頭に入れて、早めの解約を行なってください。