マイナンバーでの借り入れは職場や家族にバレるの?

マイナンバーでの借り入れは職場や家族にバレるの?

 

マイナンバー制度が導入されて、2年が経とうとしています。

 

マイナンバーで職場や家族に借入がバレるのではといった不安と言う声も聴きます。

 

マイナンバーで借り入れがバレるのか、解説します。

 

マイナンバーは税と社会保障の効率化を目的としたもの

マイナンバー制度は、個人に番号を振り当てる事により、税金をきちんと納めているか、社会保障制度に加入しているかを把握しやすくなる、効率化を目的に作られたものです。

 

借入を把握するためには、信用情報機関への照会が必要ですが、信用情報機関とマイナンバーは連動していません。

 

マイナンバーが原因で借り入れが家族、職場にバレる事は100%無いでしょう。

 

家族、職場にバレるのはマイナンバーとは別ルート

家族に借入がバレるケースで多いのは、郵送物などが届いた時です。

 

借入を行ったATMが業者と別のATMを使用した場合や、振込み融資を受けた時など確認の為に郵送物が送られてきて、それが原因でバレる事になります。

 

封筒には消費者金融の名前は表記されていないのですぐにはバレませんが、よくわからない封筒が届いたことで家族に開封されてしまうと利用履歴が入っていることもあるのですぐに家族に知られる事になってしまいます。

 

職場へのバレる原因は、在籍確認の電話連絡です。

一部の消費者金融は申込時だけでなく、定期的に職場に在籍しているか在籍確認の電話を行っています。

 

個人名でかけてきますので、普段から個人名で取り次ぎがない人は、勘のいい人に勘繰られてしまうわけです。

 

心配な人は、収入証明書の提出を以て在籍確認の代わりにできないか確認してみるといいでしょう。

 

マイナンバーは浸透してきており、今後は銀行などの金融機関にも提出していくことになりそうです。

 

銀行へのマイナンバー提出義務が出ても、マイナンバーから借入がバレる事はないので、安心してください。