acマスターカードでも利用履歴のクレヒスを育てる事は可能?

acマスターカードでも利用履歴のクレヒスを育てる事は可能?

 

アコムが提供するACマスターカードは、消費者金融が発行するといった事情から他のカードとは違う扱いを受けることが多いです。

 

そんなACカードでクレヒスを育てることが可能か、と聞かれると「可能ではないかと思う」という曖昧な答えになってしまいます。

 

そもそも「クレヒス」って?

クレジットカードの愛好家などの間でクレジットカードの利用履歴、つまりクレジットカードのクレジットヒストリーを指して「クレヒス」と呼ばれますが、これは正確には信用情報と呼ばれます。

 

ローンの審査の際に利用されることで有名な信用情報には、クレジットカードの利用履歴なども記載されているのでクレジットカードを発行する際などにも使われます。

 

ここに無傷な利用履歴があれば信用が高まる、というのが「クレヒス」の意味であると言われています。

 

良い「クレヒス」を作るには地道に積み上げていく他ありません。しっかりと利用して返済は決して遅れるようなことがないように、問題のない利用者でなければなりません。

 

成績の良いクレヒスがあるのと、信用情報になにも履歴が残っていない状態とだと、真っさらな方が選ばれそうですが、何もわからない人物よりも実績のある方のほうが信用できるというわけです。

 

新規の方では充分な信用情報は得られないので、まずは少額融資からはじめて、借入と返済を何度か繰り返していくことで増額の流れになっていくというのが通常ではないでしょうか。

 

ACマスターカードでも信用情報に残るので可能だけど

むろんACマスターカードもクレジットカードなので信用情報に利用履歴が残ります。

 

ですから「クレヒスを育てる」ことも可能であるとみるのが妥当であると言えるのですが、そもそもクレヒスをどう判断するかは会社によって異なるという事も言っておく必要があります。

 

信用情報に書かれる情報は「客観的に判断できる情報」であり、ここに利用履歴が書かれているからといって信頼されるという事はありません。

 

言うなれば「過去の行いが良いかどうか」を判断するだけなので、ACマスターカードをクレヒスと認めるか、そもそもクレヒスをどの程度重視するのかは会社によって異なります。

 

ですから「クレヒスとなるのではないか」と曖昧なこたえにならざるえないのです。