興信所で調べられたらカードローンやキャッシングはバレる?

興信所で調べられたらカードローンやキャッシングはバレる?

 

家族に内緒でお金を借りていて、バレたくないという人は多いかと思います。

 

また、結婚をする前に相手の素性を知るために興信所に調査を依頼するという話もありますが、その際に借金などが問題になって破綻してしまうという話もあるようです。

 

昔のドラマや漫画には興信所に依頼されてしまうと、カードローンやキャッシングがバレると言った描写がありますが、これは本当の事でしょうか。

 

興信所で調べられたらカードローンやキャッシングはバレるのかについて解説します。

・興信所が出来る事

興信所が出来る事は、貴方を尾行してその行動を洗い出すことくらいです。

 

もし仮にあなたが消費者金融のATMに立ち寄って、カードローンやキャッシングを使っていることが見られれば、借金はバレるでしょう。

 

尾行に気を付ける、ATMはコンビニATMを使うなど対策をとれば、興信所であっても簡単には調べる事は出来ません。

・信用情報機関に注意

信用情報機関に開示情報をとるには本人でなければ行う事は出来ませんが、アンダーグラウンドな興信所だと本人に成りすまして信用情報機関に開示請求する恐れがあります。

 

本人確認書類のコピーは2点必要になり(運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、健康保険証、住民票等)ますが、いずれも家族であればコピーをととるチャンスはあるでしょう。

 

郵送でも開示請求は行えるため、家族に疑われているのであれば本人確認書類の保管には注意を払った方がいいと思われます。

 

基本的に興信所であってもキャッシングやカードローンの事実をつかむことは難しいです。

 

但し、近親者に協力者がいると、脱法的な行為をして情報を取り出し、バレてしまう事があります。

 

本人確認書類については気を付けるようにして下さい。

 

追記

興信所で何を目的にどこまで調べるかというのが重要になってくると思います。

 

興信所に依頼するのが誰なのか。例えば就職や転職、ヘッドハンティングなどの際に、身辺調査として企業の人事部が興信所に依頼するということがあるかもしれませんが、そこでどんな内容を調査するのかによります。興信所の調査料金は借金の有無までしらべるとなると割高になる場合もあります。費用対効果ということもあります。あとはそこまで調査する必要があるかどうかになります。