アコムなどの大手消費者金融の金利について比較しました。

アコムなどの大手消費者金融の金利について比較・検討してみました。

 
消費者金融ではキャッシングをすれば借入れ額に対して利息がつきます。
借入れた額に利息を上乗せして返済していくことが前提になりますが、月々の返済額や返済回数など具体的な返済方法を約束できないと融資はできません。

消費者金融はどちらかと言うと利息は高めに設定されています。銀行系カードローンは低いのですが、消費者金融に比べ審査が厳しかったり、借入れまで時間がかかったりするのが特徴です。逆に消費者金融は金利が高いですが審査の基準が決まっているので審査はスムーズですし、即日借り入れも可能です。

 

消費者金融キャッシングの特徴である小額借りてすぐに返済するというのがオススメです。多少金利が高くても1回で返した場合は元金に対してそんなに影響はなく、すぐに借りれてすぐに返すということが、消費者金融の手軽さとして重宝されています。

消費者金融では低金利なのはどこでしょうか?

大手3社に絞って比較してみました。
アコム

4.7%〜18.0%

プロミス

4.5%〜17.8%

モビット

4.8%〜18.0%

実質年率での表記になります。

プロミスが低いようですね。

 

具体的な数値で計算してみました。。

 

1万円や5万円を1ヶ月間(30日間)借りた場合はどうなるのでしょうか。
計算の元になる式はこちらです。

【融資額】 × 【借入利率】 ÷ 365日 × 【利用日数】= 【利息】

アコムの場合はこちらです。
実質年率を18.0%で計算しています。

1万円を借りた場合、
【1万円】 × 【18.0%】 ÷ 365日 × 【30日】 = 【147円】
5万円を借りた場合、
【5万円】 × 【18.0%】 ÷ 365日 × 【30日】 = 【739円】
なので、それぞれ、10,147円、50,739円の返済額になります。

では、プロミスの場合はどうでしょうか?
実質年率17.8%で計算

1万円を借りた場合、
【1万円】 × 【17.8%】 ÷ 365日 × 【30日】 = 【146円】
5万円を借りた場合、
【5万円】 × 【17.8%】 ÷ 365日 × 【30日】 = 【731円】
こちらはそれぞれ、10,146円、50,731円となります。

少しの差はありますが、ほとんど変わらないという感じです。

 

では、【融資額】がより高額になるか、または【利用日数】がより長期になる分割払いで利息は一気に増えていきます。

総支払利息の計算方法

ちょっと面倒ですが、最初の1ヶ月目に関しては先ほどの計算方法で大丈夫ですが、その後は月々返済をしていくので、その都度借りた金額からすでに返済した金額を差し引いた借入残高を元に、繰り返し同じ計算を行っていきます。
例えば50万円を分割返済するとしたら、最初の月は50万円での計算ですが、次からの月のは1ヶ月目の返済の残りで金利を再計算することになります。

 

1年通して返済していった場合の支払金利の総額を計算するとなれば繰り返し12回も計算が必要です。
50万円を借りたとして、毎月5万円ずつを返済。その場合の最初の月(30日として)は、

【50万円】 × 【18.0%】 ÷ 365日 × 【30日】 = 【7,397円】

1ヶ月目での金利はこうなりますが、翌月になると、

【45万円】 × 【18.0%】 ÷ 365日 × 【30日】 = 【6,657円】
【40万円】 × 【18.0%】 ÷ 365日 × 【30日】 = 【5,917円】

これを繰り返して再計算していきます。
この計算方法はとても大変です。、ですがアコム公式サイトにある返済シミュレーションでしたらすぐに計算してくれます。
返済額、返済期間と、利息のイメージを持つことが大事です。

 

正直、それぞれの消費者金融での金利はあまり変わらないと思います。後はそれぞれのサービスで選んでみるのが良いでしょう。

ちなみに、アコム公式ホームページにある、実質年率ですが、
4.7%〜18.0%と、利息に幅があるんです。
新規で利用される方の場合、ほとんど全て高い利率での計算になります。低い利率が自分には向いていると勝手に判断して計算したくなるかもしれませんが、それはできないことです。

 

この利率の数値幅は、融資額で決まってくるのですが、新規では借入れ上限額が決められてしまうことが多いので難しいでしょうね。またリピートすれば利用回数も利率に影響するかもしれません。

 

新規で10万円の借入れならば、アコムの場合、高いほうの18.0%の利率になるでしょう。

 

ですので、実質年率4.7%というのは新規の場合でしたら、考える必要のない数値だと判断していれば大丈夫です。

 

少額では高い利率ですし、高額の融資だと低い利率ということになります。

 

ここまで大手消費者金融の3社を紹介してきましたが、金利にそんなに差がないのでそれを基準にどこを選ぶというのは難しいと思います。あとは、それぞれの様々な種類のサービス、または、直接電話をしてみてその対応で決めるというのもひとつです。

 

ただアコムに限らずどの消費者金融にも共通して「返済シミュレーション」のサービスはあるので、どれくらい借りれば金利がどれくらいになるのかをイメージできるようになると良いですね。