キャッシングの返済には時効が設けられているって本当?

キャッシングの返済には時効が設けられているって本当?

 

キャッシングの返済には時効があるのをご存知でしょうか。

 

まじめにキャッシングを利用しようという考えの方には縁の無い話かもしれませんが、情報のひとつとして頭の片隅にでもおいておくと良いかもしれません。

 

キャッシングの返済時の時効について解説します。

 

基本的に5年間で時効

キャッシングの時効は最終返済日から5年間過ぎたら成立します。

 

その間に返済に関して何もしなければ、借金は消滅するというものです。

 

月々のキャッシングの返済が苦しくなるような事は、誰にでも起こりうることかもしれません。どんなに返済計画を立てていても、急な出費はあるものです。

 

昔の漫画や映画などで夜逃げしている人が多いのは、借金から逃げて時効を待つために行った人が多かったためです。

 

請求を受けると10年に

債権者が何もしなければ。5年間で時効は成立しますが、それだとあまりにも債務者寄りになりますので時効は延長することが出来ます。

 

具体的には裁判所の支払い督促の申立を行う事により、再び時効の秒針が元に戻り、5年間延びるわけです。

 

消費者金融などキチントした金融機関は、延滞者の情報を忘れたりしませんので、時効が近くなったら裁判所への支払い督促を行います。

 

時効は10年間と考えた方がいいでしょう。

 

時効成立を待つより債務整理

時効成立は10年間と聞いて、結構長いと感じたのではないでしょうか。

 

その間、借金取りから逃げ回らなければいけませんし、住民票も移すことはできません。

 

当然、社会生活がまともにできないので身元をしっかりする事もままならず、就業も制限されてしまいます。

 

あえて社会的に不便を背負うようなら債務整理を行った方が時効の成立を待つより精神的にも有効でしょう。

 

時効の成立は裁判所で自己破産が認められにくかった時代、よく使われた方法です。

 

なので時代の違う現在では時効の成立を待つより、債務整理を模索したほうが楽な方法です。敢えて地獄のような生き方を選択する必要はありません。

 

借金で悩んでいる場合は、法律専門家、または専門の弁護士に相談するようにして下さい。