返済遅延・延滞は何日を過ぎたらブラックリスト入りになる?

返済遅延・延滞は何日を過ぎたらブラックリスト入りになる?

 

返済遅延・延滞は何日過ぎたらブラックリスト入りするのでしょうか。

 

カードローンの利用で最も大事にしなければならないのが月々の返済です。しかしどうしても支払日をうっかり忘れてしまうこともあるかもしれません。

 

返済遅延・延滞のブラックリスト入り日数について解説します。

 

・一般的には60日〜90日でブラックリスト入り

初めての延滞で、どうすることもできなく延滞が続くと60日〜90日を目処にブラックリスト入りします。

 

延滞が分かった時点でキチンと謝罪し、なるべく早めに解消を目指してください。

 

・1ヶ月位でブラックリスト入りする事も

まだ1ヶ月だから、ブラックリスト入りしないだろうと思ってはいけません。

 

60日〜90日というのは、金融機関側が信用情報機関に通知する義務が発生する期間のことをいい、利用者にはあまり関係ありません。

 

金融機関の気分次第では1ヶ月でブラックリスト入りさせてもいいのです。

 

何回も延滞する、連絡をしても無視をする人は早めに回収可能性が無いとしてブラックリスト入りさせることもあります。

 

・銀行カードローンはブラックリスト入りが早い

銀行カードローンは契約するときに保証会社の審査を受けさせています。

 

あなたがブラックリスト入りすることにより、銀行は保証会社からあなたの債務を返してもらえるのです。

 

不真面目な人と付き合っていても手間がかかるだけですので、銀行カードローンはブラックリスト登録して手早く回収したりします。

 

ブラックリスト入り期間なんて気にしないで、延滞が始まったら1日でも早く延滞を解消してください。

 

ギリギリを狙っていると、うっかりブラックリスト入りしてしまうかもしれません。