永住者でない外国人もローンは組める?大口借り入れが難しい理由も。

永住者でない外国人もローンは組める?大口借り入れが難しい理由も

 

日本での外国人労働者が増えてきています。

 

特にトヨタのおひざ元やスバルのおひざ元である市は、自動車工場に外国人が導入される為、市民の3割が外国人になるという異常事態です。

 

外国人が日本に出稼ぎに来て困るのは、働くまでのつなぎ資金になります。

 

永住者でない外国人がローンを組めるのか、解説します。

 

・永住者でない外国人は銀行からお金を借りる事が難しい

銀行は実は様々な法律に縛られています。

 

特に永住者でない外国人に融資をする時は、その外国人がテロリストでないかなど確認が必要です。

 

貸し倒れの危険性もありますが、色々な法律による手間から、銀行は永住者でない外国人への融資はあまり行ってくれません。

 

・永住者でないなら消費者金融

消費者金融は実は、昔から永住者でない外国人への融資に積極的だった背景があります。

 

そのため消費者金融は今も外国人対してのローン審査を通す実績があるのです。

 

永住者でないなら銀行からのローンは諦めて、消費者金融に行きましょう。

 

名前を知られていない街金なら更にローンは通りやすくなります。

 

・大口借入は難しい

永住者でない外国人が『帰国する前に、日本でお金を借りて高跳びする』と言う被害は昔から出ていました。

 

そのため消費者金融は永住者でない外国人への融資も、金額は抑えるようになっています。

 

大口借入は諦め、地道に返せる金額を借りましょう。

 

永住者でない外国人がお金を借りる時は、消費者金融がお勧めです。

 

審査スピードも速く、日本で頼れるローン会社になるでしょう。