フリーローンでの消費者金融のお金の使い道は自由

フリーローンでの消費者金融のお金の使い道は自由

 

消費者金融の商品説明書を見ると、資金使途は問わないとされていることがほとんどです。
カードローンは自由自在に借りることができるローンなので、使途を限定しても意味がない事が一つの理由です。
しかし、それだけではなく、使途を限定しないことで上昇するリスクを貸金業法で規定されている制限利率ギリギリの高金利でカバーしているのです。

 

ただ、それでも「事業用資金を除く」と制限を付けていることがほとんどです。もともと消費者金融のカードローンは、個人顧客が対象です。

 

ですが、個人顧客の中には個人事業者が混じっています。そのため、事業用資金に流用される危険性は常にあります。

 

事業用資金に対する貸付は、事業そのものの内容を審査しないと融資額を決めることはできません。個人事業主はカードローンの審査に通りにくいと言われています。

 

個人事業主の方は、収入の確実性がないためそう言われるのですが、それだけではなく消費者金融が事業用資金に流用されることを危惧していることも一つの原因です。
(自営業や個人事業主の方はフリーローンのタイプではなく事業者ローンなど目的ローンをオススメします。金利が低い場合があります。)

 

とはいえ、そのようなことがなければ基本的に使途は自由です。自由度が高いことがカードローンの利点なのです。

 

さて、先ほど使途を限定しないとリスクが高いと言いました。

 

銀行のマイカーローンなどの場合、使途が明確なので支出も計画的になります。当然、借入をする際にも返済計画を立てて、無理のない返済になることが多いのです。

 

このような銀行ローンの金利はすごく低いのですが、実際に貸倒リスクが低いため金利を低くしても問題が起きないのです。

 

これに対し、使途を特定しないと自分の思い付いたまま、無計画に借入をすることが多くなります。特に借入の自由度が高いカードローンはその傾向が強いです。

 

ようするに、利率の高さと自由度の高さは比例しているという事です。逆もまた然りという訳ですが、目的がはっきりしているほうがお得といえるのも事実でしょう。