カードローン・キャッシング審査、申し込み時の注意点

カードローンやキャッシングの審査で申し込み時の注意点は?

 
消費者金融の審査で一番重視されるのは信用情報機関のデータです。

消費者金融にとって新規申込者はありがたいお客さんですが、同時に一見客でもあります。

つまり、相手の素性がわからないのです。

信用情報機関のデータを確認することで、申込者の素性が大体見えてくるのです。

 

そのため、信用情報機関のデータはいつもきれいにしておく必要があります。

 

もっとも、特別に意識することはありません。

 

消費者金融やクレジットカードの支払期日を守って支払を続けているだけで十分です。

 

これだけで審査が厳しいと言われるカードローンの審査にすんなりと通るものです。

 

次に消費者金融申込の際には総量規制にも注意が必要です。

 

年収の3分の1という制限は、他の金融機関で借りている金額やローン利用可能額も合計して算定されます。

 

審査に落ちたけど理由がわからないという人の中には、クレジットカードのキャッシング枠が10万円単位でいくつかあるという人が少なくありません。

 

年収100万円の主婦の方は総量規制で考えれば融資限度額は30万円程度です。

 

クレジットカード申込の都度、キャンペーンなどにつられてキャッング枠を設定しているとそれだけで総量規制の限度オーバーになります。

 

最後に気を付ける点として、一度審査に落ちたらすぐに次の申込をしないことが大切です。

 

先ほど述べた信用情報機関には「申込データ」も登録されます。

 

申込があって契約がないということは審査に落ちたことを意味しています。

 

審査に落ちてすぐに次の申込をする人は「何か問題があるのではないか」と疑われます。

 

これは「申込ブラック」と呼ばれる現象です。

 

続けざまに3つも4つもの消費者金融を申し込むと無条件で審査に落とされることがあるため注意しましょう。

 

信用情報機関に履歴として残ってしまった「申込み」の情報が消えるのは6ヶ月となっています。ですのでもし新規での申込みをお考えなら、その期間を待ってから申込むのが良いでしょう。

 

ちなみに信用情報機関を個人的に利用して自分の信用情報を開示することは可能です。申請すれば自分自身の履歴がどのように記録されているかを確かめることはできます。

 

利用手数料は1000円です。郵便物で送られてくるJICCと、スマートフォンでの確認ができるCICとふたつあります。消費者金融やクレジットカードの履歴を確かめたい方は、このふたつで充分です。

 

こちらの信用情報開示でわかるのは、過去の利用履歴ですが、支払い回数や、月々の支払額、または残高はどれくらいあるか、さらには返済に遅延が無かったか等です。

 

他にも意外に思われるのが、携帯電話の支払い情報です。携帯本体は多くの場合、2年間の分割返済となっており、信用情報では「個別クレジット」という扱いになっています。携帯電話での支払いに延滞があれば、これも悪質な場合はブラック扱いになる可能性もあるので気を付けましょう。