消費者金融のキャッシングとカードローンの違いについて

消費者金融のキャッシングとカードローンの違いについて

 

消費者金融でよく使われるキャッシングとカードローンの違いって?

よく耳にするふたつの言葉ですが実は返済方法の異なる言葉なので、利用方法も違います。その違いを紹介します。

キャッシングとは・・・

返済方法の違いですが、借り入れした金額のすべてを翌月に一括で返済することを言います。
一括で返済可能な額の借入れなので、少額融資ということになります。分割には金利が多くついてきますが、一括返済のキャッシングには一回分の金利のみですので、金利の負担を気にすることなく借入れができるので安心です。1万円から、1万円単位での借り入れが可能です。多くても50万円までですが、月収と他のローン等とのバランスを見て一括返済は行うのが良いのではないでしょうか。

カードローンとは・・・

借り入れした金額を分割およびリボ払いで毎月返済していく方法になります。
分割での返済になりますので、高額の借り入れが可能になります。少額の融資と違って、10万円でも100万円、200万円でも借入可能額の範囲でしたらいくらでも借入れが可能です。分割払いなので長期返済を前提としているカードローンですが、どうしても金利は高くついてしまいます。返済期間を短く設定すると月々の返済額はとても高くなってしまい、逆に月々の返済額を少なくすると返済期間が長くなり、いつまで経っても利息分を多く払い続けてしまうことになります。ですので、年収などバランスを考えて借りるようにしましょう。

 

ちなみに銀行ローンなどの場合、多くは住宅ローンや自動車ローンなど使用制限のある融資が多いのが特徴ですが、その分、金利は低く設定されています。ですが消費者金融の場合は使い道の自由なカードローンでは金利は高くなっています。

 

キャッシングとカードローンの違いを紹介しましたが、実のところ、その線引は曖昧で、分割返済方法を取っていてもキャッシングという名称で出している金融機関もあります。最近ではほとんどの消費者金融で「カードローン」という名称に揃えられています。

 

最近では少額借りて一括で返済して、また困ったら借りるという具合に、生活費の足しに消費者金融を利用する方が増えています。以前に比べると借金という概念ではないようです。貯金があっても借りる方も少なくありません。定期預金を崩したくないから、ちょっと出費が重なったくらいなら消費者金融を利用するという方法です。