返済が遅れたら発生する遅延損害金とは?

返済が遅れたら発生する遅延損害金とは?

 

消費者金融以外にでも金融機関のホームページにて、カードローンの商品詳細を確認すると利息や最高限度額の他に、遅延損害金という項目がかならず設定されています。

 

この遅延損害金とはいわば罰金やペナルティのようなもので、返済が遅れた場合、遅れた日数分の利息に追加して、この遅延損害金を支払う必要があるというものです。

 

一般的に遅延損害金は金利と同じように割合で定められており、数字としては法律で許されている最大の年利20%で設定されていることが多いようです。

 

この遅延損害金は延滞をしなければ支払う必要はないので、基本的にはあんまり気にする必要はありません。

 

しかし実際に何らかの事情で延滞をしてしまった場合、本来支払うはずの利息と元金、そして支払っている元金にこの遅延損害金をかけた金額を追加で支払う必要があるというわけです。

 

遅延損害金は年利で設定されていますが、実際に支払うのは返済が遅れた分の日数分のみですし、遅れていた分を完済したら当然ですが次からは遅延損害金を支払う必要はありません。

 

消費者金融などでは支払いが遅れてしまいそうな顧客の相談に応じて、支払日を移動させたり返済計画を変更して一時的に支払額を減らすなどの改善をしてくれる会社もあります。

 

遅延損害金を支払わないように、余裕がある計画で滞納をしないことは当然として支払いの際のミスなどは絶対にないようにしましょう。