カードローン申込み後にキャンセル(取り消し)できる?

カードローン申込み後にキャンセル(取り消し)できる?

 

カードローンに申し込んだけれども、やっぱり予定が変わって必要なくなったという事態はあると思います。

 

カードローンの申し込み後にキャンセル(取り消し)は出来るのでしょうか。

 

キャンセル(取り消し)が出来るタイミングについて解説します。

 

・キャンセル(取り消し)は本審査に入るまで

多くのカードローンは契約を行い本審査に入るとキャンセル(取り消し)は出来なくなると思います。

 

それ以降は審査結果をだして、使う予定が無いなら解約をしてくださいと言われる事が多くなるでしょう。

 

本審査に入る前にキャンセル(取り消し)をしたくなったら急いで電話をしてください。

 

・キャンセル(取り消し)は何故本審査に入るとできないか

カードローンでお金を借りるには信用情報機関のチェックを金融機関が行いますが、金融機関は理由なく信用情報機関から情報を引き出してはいけない事になっています。

 

審査の為に信用情報機関をチェックしたのだから、審査を終えなければルール的にまずくなるわけです。

 

そのためキャンセル(取り消し)が出来るのは、本審査に入るまでになっていると思われます。

 

ほとんどの金融業者が利用している信用情報機関にはしっかりと厳しいルールがあります。それを守らないといけないわけですから、簡単に変更はできないということです。

 

・キャンセル(取り消し)を無理にしなくてもいい

カードローン審査は、審査に通ってもお金をすぐ借りるわけでは有りません。

 

カードローンに幾ら借りたいと申請することによって、はじめてカードローンは融資をするのです。

 

コストが発生するわけでは無いので、使わない前提でキャンセル(取り消し)を諦めカードを持っておくのも一つの手です。

 

カードローンのキャンセル(取り消し)は契約前までに行うようにしてください。

 

それ以降はキャンセル(取り消し)に応じてくれなくなる可能性がありますので、なるべく急いで電話しましょう。